2013.03.11

今日は震災から二年。
今でも、東北の復興は進みが
遅くたくさんの方たちが
仮設で暮らしてるみたい。
二年前の今日は、
仕事をしていました。
普通に髪を切っていたら、
オーナーが走って来て
地震だーって。
えっ?今揺れた?なんて
冗談言ってたら、
冗談にならないくらいの
津波をテレビから目のあたりに。
帰りに耳鼻科受信して、
なんだか怖くて
その日はテレビをずっと
つけて家族で一つの部屋で
寝ました。
心細く、深く暗い感じ、
きっと現地ではもっともっともっと
そうだったんだと思います。
こんな離れた地で、
こころがいたんで、
眠れなくなり早く目が覚めたり
ストレスを抱え込んだ。
現地では、どんだけの
ストレスだったんだろ…

きっとあの時のことは
忘れられない。
痛みを分かち合う事は
きっと無理かもしれないけど
そんな苦しんでいる人にもし
会うことがあった時、
あたしはなんて声かけてあげたら
いいんだろぅ。
きっと声なんてかけれない…
自分は自分で精一杯頑張って
生きるしかない…
そして自然災害が
もたらした事なんですが、
こんな事は二度とあって欲しくないと
願います。

春になる度に、
思い出し桜が
どこか、寂しく儚さを
込み上げてくる。
同時に癒しも。

ご冥福と、これからの幸を
お祈り申し上げます。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ヘア―&メイク ソレイユのコンセプト