2013.08.26

love♡

こんばんは~‼
今朝はすごい雨でしたねぇ。
今日は昼間にネイルを
してもらいました~♡
まだ写真とってないみたな。笑
また明日撮ります‼
今日ライターさんですごく
興味深いお話が目につきました。
夫婦になって、何年も立つと
喧嘩が増える夫婦や、
落ち着く夫婦、いろーんな
人がいると思いますが皆さんは
どうですか?
我が家はいつも周りに変わってる
って言われます。
あたしは耐えられないってゆう意見も
多々ちょうだいします。
だけど、旦那さんの事
とても大事にしてます。
何でだろ?ってずっと思ってたんですが
これを見てなんか納得。

離婚に進む言動

■1:相手のことを見下している

「もっといい男と結婚すればよかった」なんて夫のことを見下していませんか? 

夫の隠れた長所や才能を全く見出そうとせず、つまらない男だと決めつけて粗さがしばかりしていると、「結婚なんてするんじゃなかった」という後悔が募り、やがて本当に離婚に至るケースもあります。

■2:コミュニケーションが不足している

コミュニケーションとは、お互いを理解しようとして言葉を交わすこと。単なる“おしゃべり”は、コミュニケーションとは言い難いです。

もちろん、他愛ないおしゃべりも大切なのですが、お互いに心を通い合わせずに、上っ面の会話ばかりしていると、夫婦間の溝が徐々に深まって離婚の危機を迎えます。

■3:相手に対する期待が大きすぎる

結婚生活は、夫婦が互いに歩み寄る努力をしてこそ成り立つもの。

「夫ならこれくらいするのが当然」「もっとこうしてくれればいいのに」など、相手に対する期待が大きすぎると、「こんなはずじゃなかたった」と失望するもとです。

■4:相手の気持ちを全くくみとろうとしない

上で相手に対する期待が大きすぎることの弊害を挙げましたが、他方、相手の「こうしてほしい」という要望に無頓着すぎるのも考えものです。

「相手はどうしてほしいのか」という視点が欠けていると、パートナーの不満や失望がどんどんふくらみ、破局の原因になってしまいます。

■5:ふたりの生活習慣や価値観などが違いすぎる

夫婦はもともと他人なのですから、いろんな違いがあって当然です。また、違いがあるからこそ、相手に魅力を感じるということもあります。

ただ、夫婦の生活習慣や価値観などがあまりにもかけ離れていると、意見が対立して争いが絶えないことにもなりかねません。

■6:異様に嫉妬深い

ちょっとした焼きもち程度であれば、かわいいものですが、異様に嫉妬深く、夫の帰宅が少し遅くなっただけで理由を問い詰めたり、浮気の証拠探しを始めたりするようでは、結婚生活は長続きしません。

疑心暗鬼による口論が絶えず、愛想をつかせたパートナーが本当に浮気に走ってしまうことだってあるでしょう。

とても心にとまりました。
辛くて嫌なこと投げ出したくなる
事もたくさんありました。
だけど話を聞いて話をして
相手の心を探って
相手のいいところをみつけて。
なかなか簡単な事じゃありません。
だけど年月が、そうなったのかな?
子供が大きくなったからかな?
カリカリする事がなくなったからかな?
たくさんの要因でよくもなるし、
一つずつの積み重ねで悪くもなるし。
人間ならではやはり
分からない事ばかり。
だけどせっかく出会った何かのえん。
大切にしていきたいですね⑅❛⌔❛(❛ั▿ ❛ั ⋈
上分は抜粋です。
素敵なお話をあなたにも♡
ぜひ、パートナーとあてはめて
みてくださいね( ॢꈍ૩ꈍ) ॢぷ४४४*


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ヘア―&メイク ソレイユのコンセプト